ユージュアル・サスペクツ

評価:5 つ星評価: 素晴らしい!
  • サスペンス映画を見るならとりあえずチェック!

    この映画はここ何年かみた映画のなかで最高によくできた作品だと思います。映画自体はあんまりお金のかかっていないって感じがするのですが、脚本がすごい!さすが1995年アカデミーオリジナル脚本賞作品!

    物語はコカイン密輸船大爆発事件で唯一人生き残ったキント(ケビン・スペイシー)が警察で尋問され事件を振り返る回想シーンからはじまります。

    密輸船に積み込まれたコカインと9100万ドル強奪の実行の為に伝説のマフィア、カイザー・ソゼの指事によりそれぞれ別件で留置場に居合わせた5人の男達。それぞれにクセのある連中を謎の人物、カイザー・ソゼが姿を見せずにうまく操っていきます。しかし、彼の正体に疑問を抱き逆にコカインと現金を横取りしようとグループのリーダー的役割を演じるキートン(ガブリエル・バーン/『アサシン 暗・殺・者』のブリジットフォンダの教育係、『エンド・オブ・デイズ』のサターン役等)、物語では様々な伝説を紹介しながらカイザー・ソゼの強大さ、恐怖を実行グループに印象づけています。

    果たしてカイザー・ソゼの正体は?コカインと現金は誰の手に?普通この手の映画はラストの20分程前にクライマックスがあり、最後は予想できるのですが、この映画はほんと最後の最後までみないことには…。106分の映画ですが、ほんと最後の最後でみごとだまされ思わず膝を叩いてしまいました!!またこの作品でアカデミー助演男優賞をとったケビン・スペイシーにも注目してください。

    [`evernote` not found]
    [`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.