オーシャンズ11

評価:評価4.5: 非常に良い
  • 豪華キャスト、ギャラ半額?でもOK!

    保釈中のダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)ラスベガスの3大カジノの現金がすべて集まる巨大金庫から1億5000万ドルの現金を盗み出すというとてつもない計画を思いつく。早速彼は旧友のラスティー(ブラッド・ピット)と共に全米各地からマニアックなプロフェッショナルたちをスカウトして回る。スリの名人ライナス(マット・デイモン)、爆破の達人バシャ-(ドン・チードル)等11人の犯罪プロフェッショナルが集結。金庫に眠る現金の持ち主は、ラスベガス一冷酷非情なホテル王ベネディクト(アンディ・ガルシア )。彼はオーシャンの離婚寸前の妻テス(ジュリア・ロバーツ)の現在の恋人でもあった。

    ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、マット・デイモン、いまだかってない程のビッグスターの顔合わせ。そして監督は「エリン・ブロコビッチ 」を大ヒットさせ、「トラフィック 」でアカデミー賞監督となったスティーブン・ソダーバーグ。これだけのビックネームが集結したらヒットしないわけがないといってもいいくらいの映画です。

    元々「オーシャンと11人の仲間」という映画のリメイクなのですが原作を知らない私にとってはとても新鮮。テンポもあり要所に笑いを取り入れ十分な娯楽作に仕上がっています。なによりも痛快なのは巧妙に練り上げられた強奪計画。みていて気持ちいい程見事な手際のよさ。”してやったり”のオーシャン達、”見事にやれらた”ベネディクトが対照的でした。

    またエピソードとしてあまりの豪華メンバーのなので資金面で困難が予想されたのですがジョージ・クルーニが『ギャラ半額でもいい』というと他のみんなも同様に半額で了承したとか….。又、ブラピはじめ5人のトップスターの他にもドン・チードル等全米で名のしれた俳優達の出演日本人が考えている以上に超豪華キャストです。

    娯楽作としてはかなり満足できる作品なのですがテンポが良すぎたのでしょうか?全体的な印象が少しぼやけてしまっているような….”美味しいけどあっさりしすぎるラーメン?”のような感覚。もう少し”しつこさ”があっても良かったのではないかと思います。また個人的には5大メジャー俳優の中で一番存在感がないような感じがしたマッド・デイモンにもう少し頑張って欲しかったかな?

    [`evernote` not found]
    [`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.