恋する惑星

評価:4 つ星評価: まあま良い
  • その時、僕と彼女の距離は0.1cm。2時間後、彼女は別の男に恋をした。

    ハンバーガーショップを中心に展開する2つの恋愛オムニバス映画。

    1つめは恋人にふられた刑事223号(金城武)が、電話で彼女にふられ、未練をひきずりながら長い夜を過ごす中、謎の金髪にサングラスの女(ブリジット・リン)と出会いプラトニックな一日を過ごすというもの。

    金城武初主演の映画。未練を引きずっているところがいいですね。自分にけじめをつけるため、彼女の好きだったパイナップルの缶詰め30個を一夜にして食べ突くします。(そんなのできないと思うのですけど…)寂しさを紛らわすためあちこちの友人にハンバーガーショップから電話かけまくるのですが全て空振り。そんなときにバーで金髪女と出会います。この彼女、実は麻薬の運び屋であり自分のミスから組織に命を狙われています。ひっしで口説こうとする223号、”命を狙われてるのにそんな気分じゃないわ!”とばかりに相手にしない金髪女、気が付けばお互い肩にもたれて酔いつぶれてしまいます。…結局一夜限りの出合いで終わっちゃうんですけどね。このストーリーでは金城武はもちろん最後までサングラスをはずさなかったブリジット・リンが印象的でした。

    2つめは香港の町中、ハンバーガーショップで働くちょと変わった女の子フェイ(フェイ・ウォン)キャビンアテンダントの彼女にふられたばかりの警官633号(トニー・レオン )との物語。

    この話は…フェィのストーカー的な目立たない積極さが印象的です。元恋人のキャビンアテンダントがハンバーガーショップに633号をたずね、当日非番だったので手紙をフェィに託すのですが、ちゃかり読んじいますw。さよならメッセージと共に彼の部屋の鍵。633号が好きなのに”好き”といえないフェイ。仕入れを装って633号を待ち伏せしたり等の気持ちがエスカレートし、ついに昼間仕事をさぼって633号のアパートに忍び込み掃除、選択等の”隠れおしかけ恋人”に走ります。(自己満足ですね…)。しかし633号にばれてしまい、彼も彼女に気持ちに気付きデートに誘いますが彼女は以前から夢描いていたカリフォルニアにでてしまいます。果たして、最後は…。

    とにかくフェイ・ウォンが”不思議少女”を醸し出してるのがいいですね。彼女の魅力が光ります。加えて、トニー・レオン、あれだけ部屋模様替えとかされてるのに全く気がつかないっていうのは..ね。あまりにも大ぼけすぎるんじゃないかと思うのですが。

    監督は『欲望の翼ウォン・カーウァイ監督、この作品もかなり評価が高く95年香港電影金像奨(アカデミー賞)でグランプリを受賞したとか。けっこう都会的で不思議なカメラワークもお勧めです。

    [`evernote` not found]
    [`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA